大分県大分市 教員採用試験試験対策塾 信頼と実績のキャノンラボ(旧立石塾) -当塾の概要-

大分市田中町8の4
内野ビル
TEL097-547-0745


令和2年度 教員採用試験合格者体験談

(特別支援 高等部)

キャノンラボを受講しての感想
本気で試験に合格したい人にはお勧めできる塾です。中途半端な気持ちだったり、覚悟ができるまでは、紹介ができません。でも、本気で勉強をするのだったら忙しくて勉強できない時、くじけそうになった時、支えてくれたり、力を抜いてやる気を起こしてくれたり、方向を指し示してくれます。

最後の最後まであきらめずに頑張れば導いてくれます。是非、覚悟を決めて本気で始めましょう。

キャノンラボに来てから変わったこと
勉強するペースを作ってくれるので最後まであきらめずにやり遂げられた。

これはキャノンラボにしかないと思うところ

校種、年齢が様々だけど、同志になれるところ

<コメント>

家事と仕事と受験勉強と三立させたところに君の能力の高さがあります。君の努力がそのまま能力であり才能です。よく信じてくれました。おめでとう。

(特別支援 高等部)

キャノンラボを受講しての感想
キャノンラボで過ごした時間以上に、自分自身と向かい合った時間はありません。これまで、自分にとっては弱みでしかなかった部分を、立石先生は「それが君の良いところ」だと認めて、強みや持ち味へと転換して下さいました。もちろん、改善すべき立ち振る舞いや癖、日々の過ごし方等については、丁寧にご指導頂きましたが・・・・・・自分を認めて、ありのままで勝負に出ることができたのは、立石先生のおかげです。本当にありがとうございました!

キャノンラボに来てから変わったこと
勉強することを「楽しい」と感じるようになりました。

はじめは、試験合格のために、塾で頂く課題に取り組んでいました。仕事帰りに塾や図書館に寄り、「今日はここまで終わらせよう」「ここまで覚えよう」と簡単に決めて、1〜2時間程度、机に向かっていました。はじめこ不規則なものでしたが、いつしか、平日の夜は塾か図書館、土曜は塾、日曜は図書館、塾や図書館が休みでもある月曜は勉強を休む、というようなサイクルができていました。そして、短時間ながらも毎日勉強する内に、勉強の楽しさや面白さに気付きました。試験のことだけに止まらず、「もっといろいろなことを知りたい・深めたい」と思い、行動するようになりました。時間を見つけて本を読むようになったのも、立石先生の影響です。

これはキャノンラボにしかないと思うところ

・時に厳しくも温かい立石先生
・励まし合える塾生の皆さん
・気持ちの良い挨拶が自然と交わされる空間

<コメント>

弱みと思われていた(短所)は君の良い所(長所)です。1人の人間だもの短所に出るときもあります。でも長所の時間を持つと楽でしょ!!もっと早く来ていたら、もっと早く合格でした。本当は出来上がってました。

(特別支援 高等部)

キャノンラボは完全紹介制で鬼のような先生がいると言う噂がありました。

12年前、同僚から初めてラボを紹介され、当時は「採用試験に合格したい」と思う気持ちもありましたが、先生の印象と自分で何とかなるという思いから塾へ行くことをしませんでした。1次を自分の力だけでは突破する事ができず、5年が過ぎ結婚してから2年目の秋、塾に通う生徒から2年目の紹介を受け「このままではマズイ」と思う気持ちから決断し塾の門を叩くことになりました。

キャノンラボを受講しての感想
塾の勉強と聞けば採用試験を受ける受験生や塾の塾生がライバルで敵対意識を持たれるイメージがあるかと思われますが、ラボの場合は塾生全員で勉強している環境があります。自分の不得手なところを他の塾生から補ってもらい、得意なことは別のことで還元することができ、学生時代の部活動的な感覚で勉強しているようでした。そして、私の場合は合格まで長くかかってしまったので、合格された先生方の存在も大きくあり、先生方から頂いた話や資料、経験などはラボで勉強する上で、とても大事なものとなりました。(塾の壁を見てください!!)

キャノンラボに来てから変わったこと
1番=時間の使い方

『すべての人に平等にある時間』1時間でも30分でも10分でも集中して勉強ができる時間を設定した。

2番=勉強の方法や場所の工夫。

ノートの中に書く内容や使い方、教材・資料の精選(教養・専門)、自分なりの分析、小テストを確実に覚える(分散法)

家や塾以外に静かに勉強できる場所(図書館や美術館)

3番=生活スタイルの変化

朝早く起こること、休日の1日は家族のために時間を作る。
平日の夜は1日だけでも塾で自習に行く。

●受験に対しての気持ちや受け方(日頃・前日・当日)

講義で知識を増やすだけでなく、家族のこと学校での困り。
部活での悩み、生活面、余暇のこと、恋愛のこと・・・

●学校生活での取り組み方

生徒への接し方指導の仕方、保護者に対してかかわり方、職員との対応、仕事の取り組み方。

●家族の変化

学費・生活全般、トイレの壁の変化、勉強できる体制

これはキャノンラボにしかないと思うところ

●多くの校種で合格者を輩出!

先生が自分の家族のように塾生1人ひとりを思って指導に当たられています。

・私以上に先生が勉強され知識や経験として指導していただいてくれたので決断する時に的確なアドバイスを頂きました。

●校種は違うけど採用を目指し共に励まし、支えあいながら勉強する仲間の存在。

・平日は勤務が終わってからラボへ 頑張って勉強する姿を見て自分も頑張れました。

<コメント>

特別支援学校の先生になるべくしてなる人でした。そのことを早く見抜けなかった自分を反省しました。明るさと行動力が君の魅力です。これからに期待します。

(特別支援 高等部)

キャノンラボを受講しての感想
教員採用試験の中でも、とくに2次試験や3次試験の模擬授業や集団討論・面接は、試験官を前にして話をしなければならず、私には苦手意識があり学習方法も全くわからない状態でした。入塾にあたって先生と面談を行い、「厳しい中にもやさしさや熱意がある」と先生に感じた第一印象は、先生の教えに深くふれていくごとに確信に変わりました。

立石先生の素晴らしいところは、受験に向けた多くの経験や知識の中から、私にとって何を伸ばすべきなのかという事を考えながら、ご指導して下さったところです。個別指導の時には、勉強をしていて不安や悩みがあることに気づいて助言をくださるので、自分の目標が明確になり、がんばろうという気持ちになって前向きに試験勉強に向かうことができました。また、私が子育てをしているということもあり、時間や体調にまで常に心配りをしていただき、たびたび救われました。

先生と出会いキャノンラボで学んだことは、採用試験に向けての勉強だけでなく、教員となり生徒にどのように伝えるか、自分の生き方や姿勢を考え直すターニングポイントとなり、これからの私にとって大きな財産です。

キャノンラボに来てから変わったこと
・自分のこれまでの生き方や教員としての姿勢を見つめ直すきっかけとなった。

→合否への得点となる2次3次試験では、自分の経験してきたことをどう伝えるかが必要となるので、先生と話をしていく中で、自己理解を深め、面接でも自信を持って話ができるようになった。自分の話し方の癖も、意識する事ができた。

・これまでは自宅で一人で勉強したいタイプであったが、(時間が許されるなら)塾で勉強した方が絶対良いと思えるようになった。

→自習室が使えるので、塾で勉強していたら、周りの仲間と切磋琢磨できる。また、先生からのアドバイスをたくさんもらえる。

これはキャノンラボにしかないと思うところ

・自分が目指す校種や自分が置かれている状況(仕事、部活動や家庭状況など)について先生が親身に相談にのってくださるので、一人一人に合った学習スタイルで取り組め、試験までの到達目標やペース配分を具体的にイメージしながら前向きに学習できたところ。

・個としてではなく、塾生みんなで共に学ぶ雰囲気があるので、自分に足りていないところを伸ばそうという刺激になる部分もあり、一方で、気持ちが弱くなった時にはお互い声をかけながら頑張ろうという気持ちになれる。(試験会場で塾の仲間に会えたことで、落ち着いて試験にのぞめた)

<コメント>

8,9月の二ヶ月で合格を勝ち取りました。口で言うほどやさしい時間ではなかったと思います。君の丁寧さは、質の高さに等しく、時間の量にまさるものでした。おめでとう!!

(特別支援 中等部)

キャノンラボを受講しての感想
「私が教員採用試験に合格するなんて絶対に無理!」という思いを抱えたまま何年も講師を続けていました。ところがある学校でとなりの席になった先生が新採用でなぜ受かったのか?ということを聞いてみると、塾の話をしてくれました。すぐに紹介してもらい、藁をもすがる思いで塾の門をたたきました。

塾では、学習のことだけでなく、「人間性や社会性」「社会人としての生き方」も学ばせていただきました。これは他の塾にはない強みだと思います。社会生活の中でほこのことが本当にありがたく、私は大きく成長することができました。

私が採用試験に合格できたのは、学習面を指導して下さったことはもちろんですが、人間性を磨き自分なりに成長し向き合えたことだと思います。先生や一緒に学んだ仲間がいたからこそ、合格することができました。本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。

キャノンラボに来てから変わったこと
・今までの考え方、人生観が大きく変わったこと
・2次試験は通過点だと思えるようになったこと
・落ち着いて勉強に取り組み、焦らなくなったこと
・社会性を身に付けられたこと

これはキャノンラボにしかないと思うところ

・目指す仲間が多くいて、みんな仲がよいところだと思います。

・何よりも立石先生が「本気」で「熱心」に「一人一人にむきあう」指導をしてくださるところ。自分の癖や弱み強みがよく見えるようになりました。

・指導してくださる先生の言葉が心に響き、自分もそれにこたえようと思ったところ。信じてついていけない何もこわくなかったです。

<コメント>

人が急激に伸びるのはこんなことなのか!!と思わせる伸び方です。よく笑い、よく考え、よく話す磁石のように人をくっつける、これからも興味、関心という磁界を広げて下さい!!

合格者体験談の過去分を見る

▲TOP

Copy Right(C) 2020(株)キャノンラボ. All Rights Reserved.